Our website uses  cookies for statistical purposes.

  • Joop Geesinkweg 841, 1114 AB 
  • clients[at]lawyersnetherlands.com
  • +31630863933
Our Articles

オランダに支店を設立

Eindhoven-one-of-the-most-productive-Dutch-cities-in-2016低料金でオランダでの存在を確立したい外国会社は、支店を設立することが可能です。この事業形態は法的実体として考えられませんが、外国会社の拡大となります。国外の親会社がその行為のすべての責任を負います。

 

オランダ支店の活動は、委任権に基づいた会社の弁護士を務める代理人によって保証されます。オランダ支店は親会社と同じ事業活動を実行し、同社名にする必要があります。その活動を管理する法律は、オランダの法と国外企業の所在国の法の両方となります。

 

支店は、好まれる事業形態です。理由は、その他のオランダの会社タイプよりも低料金で恒久的に設立しておくことが可能で、最低資本が必要ないからです。

 

オランダ支店と地元企業の違い

 

オランダ支店とオランダの子会社のようなその他の事業形態との最も重要な違いは、支店は国外の親会社とは完全に依存するということです。これは、外国会社はオランダ支店で生じた負債や義務の責任があるということです。

 

会社登録手続きは、例えばDutch BVのようなその他のタイプの会社よりも簡単ですが、支店は従業員と税金の法律に従う必要があります。例えば、法律では支店の従業員が社会保険加入をしなければならないと規定しています。そうしない場合には、支店の代理人は拠出金未払いの責任を個人的に負うことになる場合があります。オランダで開設した支店は、通常は地元の会社として同じ金融債務を条件としています。

 

オランダと他国で署名されたかなりの二重租税条約は、支店において税金負担が軽減されることが可能です。支店は、分配・使用料・利息の軽減源泉徴収税率の資格があります。

 

オランダにおける支店登記

 

商業活動開始前に、支店は適切な書類と情報を準備して、商業登記簿の地元の商工会議所で登記をしなければなりません。書類は元国で証明してもらい、その後に認証オランダ語翻訳が必要となります。

 

会社設立に要求される書類はケースバイケースですが、本質的に以下の情報が必要となります:外国会社の存在の証明書(登記日と会社詳細が入った地元の登記簿からの抜粋)、登記証明書、登記事務所・名、役員と行政書士に関する名・詳細(または管理のいかなる形態)、支店設立決定をした会議の議事録、支店名・住所、担当者名、この担当者の職権、支店が実行する活動。

 

支店登記後、商工会議所は、記録の独特の番号が入った登記証明書を発行します。この手順の後、支店は税務署と社会保障基金にて登録をしなければなりません。このような手順がすべて完了すると、支店は本国で事業活動を開始することができます。

 

オランダ支店の長所

 

登記手続きが簡単なこと、国で直接会社を設立するよりもかかる時間が少ないことから、外国会社は支店設立を選択することもあるでしょう。

 

設立の低費用、もっと寛大な会計報告と義務が長所です。

 

オランダ支店の特徴は、他の国々とほぼ同じです。例えば、香港支店では非常に似た登記と税金手続きがあります。しかし弁護士または国の会社設立のスペシャリストに問い合わせをして、必ず会社設立に関する国のすべての規則や規制を確認してください。

 

支店、その他法人に関する詳しい情報については、オランダの当会社設立エージェントにお問合せをしていただくことができます。